専門実践教育訓練給付金制度
教育訓練給付制度
 教育訓練給付制度とは

働く人のキャリアアップと再就職を支援する制度です。平成26年春の法改正により、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を修了した者には、最大144万円が支給されることとなりました。これを新たに「専門実践教育訓練給付制度」と呼びます。

 支給額は?

従来の制度では、受講料の2割、給付上限は10万円(1回限り)でしたが、今回の制度では、給付額は1年につき納付金(対象経費※)の4割、給付上限は32万円となります。

さらに卒業後、資格取得等をし、修了から1年以内に就職に繋がった場合は、納付金(対象経費※)の2割が追加支給されます。 ※本校の対象経費は入学金、授業料、実習費です。

 支給額は?

※1 -1年目は1年間の給付上限額32万円を超えるため32万円となります。

  • 上記は、納付金が支給された場合の自己負担例です。ただし、納入期限までに「納付金合計」を全額納付頂く必要があります。
  • 受講中は6か月ごとにハローワークへ支給申請が必要です。
  • 定められた修業年限(3年)で終了することが条件です。
  • その他、受給に当たっての履修条件などはソワニエ看護専門学校へお問い合わせください。
 対象者は?
  1. 初回受給の場合、受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。
  2. 以前に教育訓練給付金を受給し、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練開始日までの間に10年以上雇用保険の被保険者期間を有している方。(平成26年10月以前の教育訓練給付金を受給している場合は2年)

 さらに・・・

45歳未満の離職者でこれまでに教育訓練給付金を受けたことがない方に雇用保険の基本手当の半額が在学中に支給される制度も新設されています。

 受験前申請が必須です)

事前準備として、ハローワークにてご自身で入手いただく書類があります。また、勤務先に発行いただく必要がある場合もありますので、必ず詳細をハローワークにご確認のうえ、期限に間に合うよう手続きをお進めください。(社会人入試、一般一次、二次入試で合格された方も、事前申請の締切日は下記となりますので、早めに手続きを進めてください。)

ハローワークへの受講前申請締切日

2016年3月8日(火)  ※2016年4月9日入学予定者